一般整形外科とは

一般整形外科のイメージ画像

当院の一般整形外科診療は、日本整形外科学会整形外科専門医である院長が、主に運動器でみられるとされる症状や病気について診療しております。

※運動器とは
骨や軟骨、関節、筋肉、神経、腱など身体運動に関わるとされる部位を総称した呼称のことです。

一般整形外科での診療内容

一般整形外科では、すり傷や切り傷、挫創などの外傷、打撲、捻挫、骨折、脱臼などのケガをはじめ、関節や筋肉の痛みや損傷、骨や軟骨の変形、手足のしびれなどを診ていきます。

また主に日常生活でよく起きるとされる、肩こりや腰痛、膝の痛み、寝違えによる首の痛み、関節痛、使いすぎによる腱鞘炎等を診ていきます。

一般整形外科で対象とする症状

  • 首や肩のこりに悩まされている
  • 腕が上らない
  • 手や肘、腕、もしくは首や肩に痛みがある
  • 背中、腰、股関節、膝、脚などが痛む
  • 手や足にしびれを感じる、これらの感覚が鈍くなっている
  • 手足に力が入れられない
  • 手指がよくこわばる、脹れてしまっている
  • 指を伸ばそうとすると引っ掛かる感じがする
  • 突き指をした
  • 捻挫、骨折、打撲、脱臼などのケガをした など

部位別における一般整形外科の主な対象疾患

よくみられる症状 考えられる主な疾患
首の痛み 頸椎症、寝違え、むち打ち症、頸椎症性神経根症、頸椎椎間板ヘルニア
肩のこり、痛み 頸肩腕症候群、五十(四十)肩(肩関節周囲炎)、肩腱板損傷
手のしびれ 頸椎椎間板ヘルニア、手根管症候群
肘の痛み 腕骨外側(内側)上顆炎(テニス肘、野球肘など)、肘内障、肘部管症候群、変形性肘関節症、離断性骨軟骨炎
手・手首の痛み 手根管症候群、関節リウマチ、腱鞘炎、手指変形性関節症
手の指の痛み ばね指、突き指、デュピュイトラン拘縮、ヘバーデン結節
腰の痛み 腰痛、ぎっくり腰、腰椎椎間板ヘルニア、変形性腰椎症、腰部脊柱管狭窄症、胸・腰椎圧迫骨折、腰椎分離・すべり症、坐骨神経痛、骨粗しょう症
ももの付け根の痛み 変形性股関節症、単純性股関節炎
足のしびれ 腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、慢性閉塞性動脈硬化症(ASO)
膝の痛み 変形性膝関節症、靭帯損傷、半月板損傷、オスグッド病(小児)、関節水腫、関節ねずみ(関節内遊離体)
すねの痛み シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)
足の痛み 足底筋膜炎、扁平足、アキレス腱断裂
足指の痛み 外反母趾、巻き爪(陥入爪)、痛風

当院の超音波骨折治療について

当院では骨折部に超音波をあてることで治癒期間が短くなる医療機器を導入しております。
基本的にはリハビリの物理療法の中で20分程行いますが、場合によっては保険で行える治療法となっております。

十条整形外科リハビリクリニック
診療科目
整形外科 リハビリテーション科 リウマチ科
院長
村瀬 鎭人
住所
東京都北区十条仲原1-28-13
ラファエーラ十条 2階
※エレベーター完備、駐輪場あり
TEL
03-3905-2216
最寄り駅
JR埼京線「十条駅」より徒歩約5分
JR京浜東北線「東十条駅」より徒歩約6分
休診日…水曜日、日曜日、祝日
…9:00~13:00まで受付
キャッシュレス決済可:各種クレジットカード・交通系ICに対応
顧問医師の診療をご希望される方は、木曜日の午前中が診療日となっておりますので、お電話にてご予約下さい。 03-3905-2216
受付時間 日祝
9:00~12:30
14:30~18:00